卓上型 高速・高分解能 カラー3Dスキャナー

LEDスリット光照明で、『カラー光切断法』を実現。
検出が困難な特異点も、三次元画像表示。

※本製品は仕入商品です。シーシーエスの保証体制と異なります。詳しくは担当営業にお問い合わせください。

製品に関するお問い合わせ

営業所 京都本社・西部営業所 075-415-8277
東京営業所 03-5791-3701
名古屋営業所 052-541-6550
仙台営業所 022-224-9101
テスティングルーム 札幌(北海道) 022-224-9101
横浜(神奈川) 03-5791-3701
金沢(石川) 052-541-6550
守山(滋賀) 075-415-8277
淀屋橋(大阪) 06-6203-8886
博多(福岡) 075-415-8277
熊本(熊本) 075-415-8277

特長

LEDスリット光照明で、『カラー光切断法』を実現

当社独自の技術により、『カラー光切断法』に最適な、LEDスリット光を実現しました。
LEDスリット光は、レーザーのスリット光と比べて画像処理の精度に影響を及ぼすスペックルノイズを含まず、
乱反射も少ないため、安定的に測定することが可能です。 また、レーザー光より安全な光源で、現場内での安全性の向上に貢献します。

LEDスリット光照明 LS-60SW(白色)

LEDスリット光照明 LS-60SW(白色)

サイズ(長さ)変更・出力アップなど承ります。

LEDスリット光照明によるカラー光切断法のイメージ

LEDスリット光照明によるカラー光切断法のイメージ

撮像例

検出が困難な特異点も、三次元画像表示

従来のLED照明では検出が困難だった、濃淡差の少ない対象物のキズや打痕、形状不良、色調不良などの検査に、
カラー光切断法による三次元画像を取得いたします。

LED照明(2D)とカラー光切断法(3D)による撮像比較

固型入浴剤の欠陥撮像

固型入浴剤の欠陥撮像(図)対象物の表面がザラついており、かつ凹みのある部分にカケが発生している。LED照明による撮像では判別が困難だが、カラー光切断法による画像取得では、微妙なカケを判別することが可能。

従来の光切断法では、被写体を連続撮像した際、フレーム画像1枚で1行分の高さ情報しか取得できませんでした。
これを、株式会社アバールデータが開発したカラー光切断法により、連続する複数の画像データを用いて、
1フレーム画像内で数行分の「高さ情報」と「色情報」を同時に取得することが可能となり、画像の位置合わせが不要となりました。
その結果、高速かつ高分解能な三次元画像の取得を実現しました。

樹脂成型品の文字撮像

樹脂成型品の文字撮像(図)

ビスケットの外観撮像

ビスケットの外観撮像(図)

シールの抜け、重なり撮像

シールの抜け、重なり撮像(図)

構成内容

構成内容(図)

  • (1) LEDスリット光照明
  • (2) LED照明用電源
  • (3) カメラ
  • (4) レンズ
  • (5) カメラリンクケーブル
  • (6) 画像処理BOX
  • (7) カラー光切断処理ライブラリ
  • その他案件内容に応じたハードウェア・ソフトウェアをご提案いたします。

使用イメージ

使用イメージ(図)