アグリバイオ照明のご提案

光と生命のかかわりに着目し、生物の不思議をひも解く研究から、機能性作物の生産、診断・治療への応用まで、光の可能性を追求します。

波長とのかかわり

『光』は、植物の生長にとって最も重要な役目を担っています。
例えば、光の色や強さを変えると、植物はそれに応じて形や栄養成分を変化させます。これらの反応は、植物の色素が特定の光(波長)を吸収することにより誘発されます。
LEDにより、発光色を選択し、特徴を抽出した実験や育成が可能です。

光合成

光のエネルギーを用いて、二酸化炭素と水から有機化合物を合成する重要な光反応。クロロフィルという色素が光を吸収し、その役割を果たします。

光形態形成

種子発芽、花芽分化、開花、子葉の展開、クロロフィル合成、節間伸長などの植物の質的な変化を誘起する光反応。フィトクロム、クリプトクロムなどの色素が関与しています。

サラダナ“岡山サラダ菜”実生の生長に及ぼす単色光の影響

サラダナ“岡山サラダ菜”実生の生長に及ぼす単色光の影響

ヒマワリ“ピノチオ”実生の生長に及ぼす単色光の影響

ヒマワリ“ピノチオ”実生の生長に及ぼす単色光の影響

導入事例

機関名:岡山理科大学 理学部 生物化学科 植物生理研究室

研究用途:波長別植物育成比較実験

機関名:京都府農業総合研究所 野菜部

研究用途:ミズナおよびダイコンへの補光実験

機関名:日本原子力研究開発機構 高崎量子応用研究所 バイオ応用技術研究ユニット

研究用途:波長別植物育成比較実験

機関名:京都大学大学院 理学研究科 植物生理学分科

研究用途:植物光受容体研究

機関名:大阪府立大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻 環境応答制御科学分野 生体光制御研究室

研究用途:植物光受容体研究

機関名:京都大学大学院 人間・環境学研究科 相関環境学専攻 生命環境相関論講座

研究用途:光合成研究

その他納入実績:

理化学研究所・基礎生物学研究所・北海道農業研究センター・東北大学・筑波大学・東京大学・東京電機大学・名古屋大学・名城大学・大阪大学・神戸大学・九州大学・琉球大学・その他 民間企業 など

その他ご使用事例

微細藻類増殖試験・菌類増殖試験・種子発芽試験・クロロフィル蛍光測定・強光(光障害)実験・鮮度保持のための補光・昆虫の行動観察・学生指導用教材・動物細胞への照射試験 など

アグリバイオ製品一覧

CCSは設立以来蓄積してきたノウハウや技術を基礎として、光の波長、照射距離、照射角度など、様々な要素を組み合わせることで、お客様に最適な光環境「ライティングソリューション」をご提供いたします。