光学・照明条件の設定

ワーキングディスタンス(WD)の求め方(参考値)

ラインセンサカメラの光学システム(幅方向分解能)

ワーキングディスタンスを事前に計算しておく必要があります

ラインセンサカメラの光学システム(幅方向分解能)

ラインセンサ画像入力テスト方法

ラインセンサカメラの場合、あらかじめワーキングディスタンス(WD)、搬送速度、スキャンレートを計算してテストに入ります。
以下のカメラスペック、条件とした場合の計算例

ラインセンサ画像入力テスト方法

レンズ有効径と照明の設置距離の関係(参考値)

レンズ有効径と照明の設置距離の関係(参考値)

図の条件のレンズの有効径は?

図の条件のレンズの有効径は?

各照明での発光幅(短辺方向)において最も効率よく明るさが取り込める最長距離は?
→相似の関係より求める

図の条件のレンズの有効径は?

両照明とも上記距離よりも離れると暗くなり、上記距離より近づけても明るさはほとんど変わりません。(ただし、想定は照明光が直接観察できる透明な検査対象物に限定し、散乱する可能性のある検査対象物には適用できません。)
また、使用レンズや絞り値が変わった場合には有効径やWDといった諸条件が変わりますので、あくまで特定条件での参考値としてお考えください。さらに、明るさに関してはカメラの画素サイズも大きく起因します。

エリアセンサカメラとラインセンサカメラとの撮像比較

撮像サンプル

金属棒の傷撮像

サンプルサイズ:
長さ150㎜、φ20㎜
分解能:
100μm
使用カメラ画素
・ラインカメラ:8,192画素
・エリアカメラ:30万画素

エリアセンサカメラで撮像

エリアセンサカメラで撮像

ラインセンサカメラで撮像

ラインセンサカメラで撮像