沿革

1993年 10月 シーシーエス株式会社 を資本金1,000万円で設立(京都市中京区)
1994年 01月 超高輝度LEDフラット照明機器を開発・発売(LFLシリーズ)
04月 超高輝度LEDリング照明機器を開発・発売(旧LDRシリーズ)
1995年 12月 LED白色照明機器を開発
1999年 09月 CCS America, Inc.(100%子会社)を設立
2000年 05月 東京営業所を開設
2001年 03月 本社移転(現所在地)
12月 超高輝度LEDスポット照明を開発・発売(HLVシリーズ)
2002年 12月 新放熱構造を開発、放熱対策照明を発売(LDR2シリーズ)
2003年 06月 植物育成キャビネットを開発・発売
09月 日本CCS株式会社 上海代表処(駐在員事務所)を開設
2004年 01月 CCSロジスティックセンター(物流センター)を開設
06月 ジャスダックに上場
09月 RDV(S)PTE. LTD. 社を子会社化
11月 CCS Europe N.V.(100%子会社)を設立
2005年 03月 顕微鏡光源用LED照明を開発・発売(数種類
04月 植物研究用LED照明ユニット「ISシリーズ」を開発・発売
06月 ISO9001認証取得
09月 フラット・ドーム照明「LFXシリーズ」を開発・発売
12月 ラインセンサカメラ用LED照明「HLNDシリーズ」を開発・発売
2006年 06月 ISO14001認証取得
2007年 06月 名古屋営業所開設
高輝度均一拡散光LED照明「ハイパワーライト」を開発・発売
07月 生産拠点と物流拠点を統合し、生産センターを開設
09月 LED光源ボックス「PFB」を開発・発売
11月 仙台テスティングルームを開設
山口大学との共同開発で自然光LED照明を開発
2008年 01月 新研究所「光技術研究所」を開設
03月 深セン駐在員事務所を開設
10月 LED光源による省エネ型植物工場の共同研究を開始
2009年 01月 連結子会社であるRDV (S) PTE. LTD. の商号をCCS Asia PTE. LTD. へ変更
03月 自然光LED搭載の実体顕微鏡用LED照明「CNR-110NW」を開発・発売
10月 医療機器製造業および第三種医療機器製造販売業に関する許可を取得
2010年 12月 CCSAsia PTE. LTD. バンコク駐在員事務所を開設
2011年 05月 CCS-ELUX LIGHTING ENGINEERING PVT.LTD.を設立
2012年 04月 医療用LED照明の開発・発売、医療分野へ参入
08月 美術館・博物館用LED照明「MUSEUM COB SPOT LIGHT」を開発・発売
2013年 01月 UV-LED照射器「HLUVシリーズ」を開発・発売、紫外硬化用照射器市場に参入
10月 台湾駐在員事務所を開設
2014年 01月 CCS America, Inc. エル・パソ テキサス テスティングルームを開設
09月 金沢テスティングルームを開設
守山テスティングルームを開設
10月 淀屋橋テスティングルームを開設
本厚木テスティングルームを開設
CCS America, Inc. サンノゼ テスティングルームを開設
2016年 05月 オプテックスグループ株式会社(旧オプテックス株式会社)による公開
買付けにより、同社の子会社となる
08月 決算期を7月から12月に変更
09月 CCS Asia PTE. LTD. マレーシア駐在員事務所を開設
11月 韓国テスティングルームを開設
2017年 05月 開発センターを開設
06月 晰写速光学(深圳)有限公司(CCS China Inc.)(100%子会社)を設立
11月 博多テスティングルームを開設
12月 熊本テスティングルームを開設
2018年 02月 CCS Asia PTE. LTD. ペナンテスティングルームを開設
05月 札幌テスティングルームを開設
06月 東京証券取引所ジャスダック上場廃止
07月 株式交換により、オプテックスグループ株式会社の完全子会社化
東京営業所内にAIラボを開設
本厚木テスティングルームを移転し、横浜テスティングルームを開設